コロナウイルスによる昨今のレンタルオフィスの動向

オフィス市場では「コワーキングスペース」が一つのトレンドとなっています。
特に事業者によって「コワーキングオフィス」「シェアオフィス」「レンタルオフィス」「サービスオフィス」「フリーディスクオフィス」「サテライトオフィス」などさまざまな呼称があります。
現在ではコワーキングスペースやレンタルオフィスは、首都圏を中心に開設されています。
しかし、賃貸オフィス面積と比べると市場規模は大きいとは言えません。ですが、リモートワークの普及によるオフィスの規模縮小、1名あたりのオフィス面積の縮小、シェアオフィスやサテライトオフィスなどニーズに応じて様々な形態があります。
レンタルオフィスには様々なサービスがありますが、会議室や受付、オフィス機器がそろった物件の他にも、人数に合わせてオフィス空間と机や椅子などの設備を専有できるタイプもあります。共有の物件にコピー機や受付があることがあるので、1社あたりの経費の削減にもなります。
シェアオフィスやコワーキングスペースは利用者同士の交流によるオープンイノベーションを起こすことが可能です。中には交流会、勉強会、外部講師を招いての勉強会などを行うコワーキングスペースもあります。
シェアオフィス等の利用者は個人事業者・小規模事業所やスタートアップ企業が中心ですので、比較的若い起業家もそろっていることから様々なイノベーションが起こる可能性を秘めています。
初期費用も月々の利用料も、シンプル&リーズナブルであるので、事業の間もない資本の小さな個人から利用できるのがメリットです。

ウィズコロナ、アフターコロナ時代におけるレンタルオフィスの需要

昨今では、コロナウイルスの影響で、企業の本社オフィスから離れて業務を行う働き方が増えています。わざわざ都内のオフィスに出て働かなくても家の近隣のレンタルオフィスを利用するという選択肢もあります。
必ずしも全員が同じ場所に出社し対面でのやりとりがマストではなくなってきているので、
安心・安全な働き方についても今後考えていく必要があるでしょう。
横浜のレンタルオフィスでは、駅に近く、リーズナブルな価格でやっているようです。

個室で間仕切りで区切られたスペースから、ちょっと利用したいという方にフリースペースでさらに格安で利用できるような形態もあったりします。

仕事の効率化のためにも一度近くのレンタルオフィスを探してみてはいかがでしょうか。