コロナウイルスによる昨今のレンタルオフィスの動向

オフィス市場では「コワーキングスペース」が一つのトレンドとなっています。
特に事業者によって「コワーキングオフィス」「シェアオフィス」「レンタルオフィス」「サービスオフィス」「フリーディスクオフィス」「サテライトオフィス」などさまざまな呼称があります。
現在ではコワーキングスペースやレンタルオフィスは、首都圏を中心に開設されています。
しかし、賃貸オフィス面積と比べると市場規模は大きいとは言えません。ですが、リモートワークの普及によるオフィスの規模縮小、1名あたりのオフィス面積の縮小、シェアオフィスやサテライトオフィスなどニーズに応じて様々な形態があります。
レンタルオフィスには様々なサービスがありますが、会議室や受付、オフィス機器がそろった物件の他にも、人数に合わせてオフィス空間と机や椅子などの設備を専有できるタイプもあります。共有の物件にコピー機や受付があることがあるので、1社あたりの経費の削減にもなります。
シェアオフィスやコワーキングスペースは利用者同士の交流によるオープンイノベーションを起こすことが可能です。中には交流会、勉強会、外部講師を招いての勉強会などを行うコワーキングスペースもあります。
シェアオフィス等の利用者は個人事業者・小規模事業所やスタートアップ企業が中心ですので、比較的若い起業家もそろっていることから様々なイノベーションが起こる可能性を秘めています。
初期費用も月々の利用料も、シンプル&リーズナブルであるので、事業の間もない資本の小さな個人から利用できるのがメリットです。

ウィズコロナ、アフターコロナ時代におけるレンタルオフィスの需要

昨今では、コロナウイルスの影響で、企業の本社オフィスから離れて業務を行う働き方が増えています。わざわざ都内のオフィスに出て働かなくても家の近隣のレンタルオフィスを利用するという選択肢もあります。
必ずしも全員が同じ場所に出社し対面でのやりとりがマストではなくなってきているので、
安心・安全な働き方についても今後考えていく必要があるでしょう。
横浜のレンタルオフィスでは、駅に近く、リーズナブルな価格でやっているようです。

個室で間仕切りで区切られたスペースから、ちょっと利用したいという方にフリースペースでさらに格安で利用できるような形態もあったりします。

仕事の効率化のためにも一度近くのレンタルオフィスを探してみてはいかがでしょうか。

トイレをリフォームしたい!

今したいリフォームは、断然トイレ!
毎日使う場所で、掃除も常にして清潔を心がけてはいるものの…やはり長年使用しているうちに、ちょっとずつ劣化していきます。

なので、トイレをリフォームしたいと日々悶々としながら掃除をしています。では、実際にどうリフォームしたいのか?と問われれば、まず最初にトイレの床をフローリングからクッションフロアーにしたいです。

お掃除のし易さからいっても、クッションフロアーは絶対に外せません。床は、水を吸収してしまうので凄く気をつけて掃除をしていても、長年使用しているうちにシミができたり、床が水を吸収して傷んできます。その点、クッションフロアーは、水分を通さずサッと拭くだけで良いのでお手入れがラクです。次に、壁の一面をエコカラットにしたいです。

どうしても臭いの気になる場所なので、壁にも消臭機能を期待したいところです。そして、最後に、最近のトイレはデザインがどれも素敵ですね。ぜひ、トイレはタンクレスのものに変えたいです。

空間が広く見え、今よりもっと、トイレを快適に過ごすことができるような気がします。そして何より、タンクがなくなる分トイレの隅々まで手が届き、綺麗なトイレを毎日使うことができるでしょう。

横浜市でもリフォーム会社はいくつかあります。

ネットで調べておすすめの会社さんを探してみてください。

横浜のレンタルオフィスはいくつかありますが、中でも都筑ビジネスコミュニティもおすすめです。横浜市内でも月々の料金も安い方で、住所貸しやシェアオフィスとして使われています。

横浜のレンタルオフィスはこちらがおすすめです。

最寄りの都筑ふれあいの丘駅から徒歩でも6分ほどと比較的駅に近い立地です。

もしレンタルオフィスを探しならここもおすすめです。

ちょっと楽になる家事の裏ワザ

“◯掃除機がけをスムーズに
コードレスではない掃除機を使うときに、掃除機が通路や椅子の足などにひっかかりスムーズにかけられないとイライラしませんか?
それを解消するのに使うと良いものが、スーツケースにつけるベルトです。ベルトを掃除機の持ち手部分につけて、ショルダーバッグのように肩からかけます。そうするとスムーズに動きやすくなるんです。掃除機が密着しており、体全体で掃除機を抱えてるので重さも気になりません。

◯液晶テレビの画面の汚れをとる
専用のシートやウェットティッシュでも拭けますが、画面に水滴が残ってしまいます。そこで使うのがキッチンペーパーです。濡らしたもの一枚、濡らしてないもの一枚の計二枚を使います。まず濡らしたもので拭き、そのあと濡れてないもので拭くきます。キッチンペーパーは吸水性があるので、汚れを拭いたあと、その汚れをすぐに拭き取ることでとてもキレイになります。

◯上履き、スニーカーを白くする
上履きやスニーカーのなかなか取れない汚れは、ゴシゴシこするのではなく、オキシクリーンを使うとつけておくだけで簡単に落ちます。60度以上のお湯に一時間以上つけておくだけ。あとは水で汚れをすすいで終わりです。”

面倒な掃除を自然にできるようにするには?

掃除って、面倒ですよね。
でもそれ、億劫なのは何か考えたこと、ありますか?

勿論ズボラとかもあるけど、掃除機などの掃除道具をしまいこんでいることが原因かもしれません。

例えば、押し入れのデッドスペースなどにいれてしまうと、出すのがまず億劫です。
特に押し入れは奥行きあるので、奥に入れると余計に出しにくいです。
それから、そこがあまり開けないところとか、普段そこにはあまりいない部屋にあるとかだと、よけいに面倒です。

インテリアを気にすると、掃除機みたいな生活臭溢れるものは隠したいですよね。
自分もそうでした。
でもインテリアを気にしても、掃除面倒になって床にほこりやチリだらけのお部屋なら意味がありません。

そこで、いっそ掃除機は部屋に出しっぱなし、しかも一番自分がよくいるところの側に置くのがベストです。
私はダイニングテーブルによく座ってるので、その席の側に置いてます。 
席を立ったついでに「あ、そうだ、まだ掃除機かけてなかったな」と、すぐ手にとって掃除をします。

掃除機を部屋の目立つところに出しっぱなしにしてからは掃除をしなきゃ!と考えず、自然にやるような感じになりました。
掃除が面倒と言うより、実は道具を取るのが面倒なのかもしれません。

掃除機もスタイリッシュなものにしています。
それと気軽なコードレスです。
慣れたら出しっぱなしもそれほど気にならないし、ほこりがないほうがいいです。
おすすめですよ

動きやすくらくらく片付く!キッチン収納術

毎日忙しい中、限られた時間の中で家事をこなしている主婦、主夫、OLのみなさま、お疲れさまです。
かく言う私も現在0歳の子供の育児をしながら、主婦業に日々勤しんでいます。
キッチンで料理をしながら子供の面倒を見ていると、自分でも気付かないうちにキッチンの作業スペースが見るも無残な事になっている事が…私はよくあったのですが、みなさんはどうでしょうか?
このままでは片付かないことにストレスが溜まってしまいそうだと思い、キッチン収納を見直してみる事にしました。

最近巷で沢山あるキッチン便利グッズ、ちゃんと活用していますか?
買った時は「便利そう!」だったのに、結局使わずじまいになっているもの、見直してみると実は結構ありました。
シリコンスチーマーやサラダ専用の水切り、100均で買った細々したもの…
実はなくても何とかなる事が多いと気付いたんです。
サラダ専用の水切りは、同じサイズのザルとボウルを組み合わせて使えばまかなえるし、何かのためだけに使う道具って、実はそんなに使わないんですよね。
(物によっては本当に便利なグッズもあるとは思います。)
この事に気付いてから、どんどんものを減らしました。
すると、棚1段分断捨離出来、しかも他の段もキッチングッズでいっぱいだったのに、隙間が出来たことで何がどこにあるのか一目瞭然に。ごちゃごちゃと探し回らなくてもサッと取り出せしまう事が出来るようになりました。
これだけで家事効率がグンと上がりました!
いつでもすぐに片付くのでストレスが減り、その分子供との時間が増えたように思います。
これからはキッチンだけでなく、洗面所や他の部屋でもこの事を応用してみようと思っています。
みなさんも今一度、お家に溢れている物の見直しをしてみませんか?片付けてみると、思いがけずスッキリとした暮らしが待っているかもしれませんよ

私の収納方法

私は基本的に家事が嫌いです。
散らかった物を片付ける事が面倒なので、収納を工夫しています。
まず、冷蔵庫です。
買った物をケースを使って分別してます。
私は朝ごはんで使う物、乾物物、飲み物、調味料、ジャム、などのように、買った物をケースに分別して収納すると、食材を無駄にせずきちんと使いきることが出来ます。節約にもなりますね!
日用品の収納も同様に、ケースにまとめて入れておく事で散らかる必要がないし、洗剤などなくなりそうな時は購入すればいいので経済的です。
その他にも、洋服の収納が一番面倒なので、少しでも手間を省くために、洋服は干したものを畳まずにそのままハンガーにかけて収納しています。
その他にも、大変ではありますが、年末に大掃除をするのは大変なので、毎日家の1ヶ所だけを一生懸命掃除しています。そうしたら、負担なく家を清潔に保たれると思います。
その他にも、少しでも家事軽減のためにお掃除ロボットや料理は圧力鍋を使ったりなどして頼れる物は頼った方が家事軽減に繋がると思います。
食器類も毎日使う物だけを使いやすいように置いてます。年に数回しか使用しない物は別の場所に保管して散らからないように工夫しています。